このエントリーをはてなブックマークに追加
一部報道によると、プロ野球・横浜ベイスターズの売却がTBSとDeNAで大筋合意、

28日に正式契約、即日発表ということのようです。

TBSが球団売却をベイスターズに説明。

DeNAへの譲渡には、パリーグの数球団が反対しているとされており、

球団譲渡には、オーナー会議での4分の3以上の賛成が必要ということからすると、

全12球団のうち、反対する球団が4球団あると、譲渡が認められません。

まだまだ状況は流動的です。 

また譲渡に伴い監督交代は必至ということもあり、

報道では様々な方が新監督として取り沙汰されています。

「組織は長の器を超えず」ということを考えても、新監督を誰にするかは、

非常に重要です。


IMG_0220



 
東スポは、落合監督と報じています。

一部抜粋します。

DeNAには、各方面から売り込みが殺到しているようだ。

とりわけ熱心とされるのが、“大魔神”こと、横浜OBの佐々木主浩氏。

他には、DeNA創業者と親交があるとされることから、古田敦也氏、

さらに一部報道では新庄剛志氏の名前まで浮上している。

そうしたなかで、金融筋からの情報として

「TBSとの詰め交渉の席上、DeNAの担当者は『新監督は落合さんにやってもらいたい

と考えている』と口にしたそうです」と衝撃情報を明かした。

新オーナー企業にとってはチーム強化は必須事項。

DeNAの春田真会長は「もしやるのだったら、短期ではやらない」と語っているが、

本腰を入れて球団経営に取り組むのであれば、

まずは4年連続最下位のチームをどう再建するかが焦点になる。

その場合、監督適任者は落合監督をおいて他にはいない、ということになる。



(抜粋終わり)



 正直、DeNA側のソースが「担当者」っていうことを考えると、

信憑性は微妙。

「日付以外は全て誤報」(by浅草キッド)にまたまたなってしまうのでしょうか。

やはり、一部報道にある通り、

新庄監督

が有力なのかもしれません。

まあ、「新庄監督でいいのか?」というと

「監督経験ないのに?せめてコーチ経験はあった方が…」と思うのですが。

個人的には、『白井一幸2軍監督の内部昇格』か、

『干されたOB高木豊氏の電撃的復帰』あたりが

いいと思います。
 


追記

横浜DeNAベイスターズの監督が中畑清さんに決まってから、

彼自身の口から、コーチ人事もポツポツ漏れ伝わってきましたね。

DeNA中畑監督が新コーチをばらしちゃった

こういうことが、彼に期待されている「情報発信力」と言えるのかは、

ひとまず置くとして、コーチ人事はなかなか興味深いです。

特に、高木豊さんと白井一幸さんには注目しています。

彼らの経歴からすると、高木さんが、アテネオリンピックのコーチつながり、

白井さんが、大学の後輩ということで、「単に身内で固めただけか」と

思いがちですが、お二人ともそれなりの方だと思っています。

以前、ブログにも今回の監督候補として取り上げました。こちら

まず、高木さんは、最近はものすごく勉強しているようです。

こちらを参考に。

「孫子」を読んでいる、プロ野球関係者って、そんなにいないと思います。

また、白井さんは、ブログを読むとわかるのですが、ものすごい理論派です。

なおかつ土台というか考え方の部分にも重きを置いて、

選手に対して、そういった頭を使う部分から指導しています。

ものの考え方を重視するという発想は、ビジネスパーソンにも参考になります。

横浜ベイは、今回のごたごたの中で、

一軍監督がいない中で秋季キャンプを行いました。

代わりに、白井さんが中心となってキャンプを行ったようです。

しかし、大きな混乱はありませんでした。

白井さんの手腕が発揮されたのでしょう。